オリジナルグッズを作ってみる

ブログ

自分の作品がグッズになるって嬉しくないですか~

しかし、細々と営んでいる私にとってグッズを作るということはとても高いハードルでした。物を作って販売するにはある程度の商品を揃える必要があり、それを販売する場所もないといけません。私は店も無いし、その前に資金も無い…作ってみたとしても在庫を抱えて保管場所も無い…

ある時イベントなどで度々ご一緒している作家さんから、そんな悩みを解決してくれる「suzuri スズリ」を教えていただきました。

本日はその「スズリ」を実際に利用してみた感想を書いていきます。

まず率直に申しますと、簡単にできる。私のようなアナログ人でもおばさんでも簡単に始められました。

もちろん設定などから始めます。必要事項を入力しますが、その入力欄もわかりやすい~訂正のしやすい~。おばさんは入力ミスなどもありますから、大きくわかりやすく書いてあり、操作もしやすいのが嬉しいです。

グッズの作り方ですが、「スズリ」で作れるグッズは以下の通りです。

  • Tシャツやトレーナーなどファッション
  • スマホケース
  • トートバッグなど日用品
  • 缶バッチやノートなど雑貨文具
  • スタイなどベビー用品

商品によっては色、サイズも豊富にあります。

自分でデザインしたものや撮影したものの画像をUPすると、商品と合成したプレビューが表示され、グッズにしたい商品だけ選んで、商品名と説明文を記入、自分の「トリブン」を設定してショップに掲載します。ショップで掲載される商品価格は「原価+トリブン」となります。

私は、自分のショップができてオリジナルグッズがひとつ並んだだけでもテンションが上がりました(笑)

あとは売れるのを待つだけです。どなたかがご注文くださった後は、受注生産→お届けとなり「スズリ」にお任せです。受注生産というのがなんとも嬉しい、在庫を抱えなくて良いというのが1番のメリットではないかと思います。

お客様との代金のやり取りも「スズリ」にお任せです。売上となる「トリブン」は手数料を引かれて指定口座に振り込まれる仕組みです。手間無しですね。

良いことばかり挙げてきましたが、デメリットも説明しておきます。

受注生産のため、お届けまで時間がかかる、ということ。

「スズリ」という大きなショッピングモールのような仕組みなので、かなりの商品数で埋もれてしまうこと。必ずしも売れる!とは限りません。

そして、グッズの品質がわからない、ということです。商品は受注生産でそのままご購入された方にお届けされるので、物自体は見られないのです。そこで、私は自分のグッズをいくつか購入してみました。自分で買うときは「トリブン」はふくまれないので原価で購入できます。

Tシャツ、パーカーは生地縫製にはまったく問題ありません。印刷もきれいです。最近新しくできたエコバッグは白いので多少の透け感があります。薄さが気になったので調べてみましたら、テントなどに使用する丈夫なリップストップ生地なので耐荷重10㎏もある、ということで良いと思います。ただ、洗濯はできないとタグに書いてあったのでそこはマイナスですね。

メリット、デメリットはありますが、私のようなアナログ人でも手軽に初期費用無しでネットショップが作れるのでやってみて損はないと思います。

それより、私としては自分の絵がグッズになる感動の方がとても大きかったです。

それではまた。

HP上部の「ショッピングサイト」からスズリに飛べますのでぜひご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました